婚活に疲れた…やめたい時の対処法

2020/10/18

婚活

t f B! P L
婚活に疲れた…やめたい時の対処法


婚活をしていると、「辛い」「やめたい」という時があります。
期待と不安で始めた婚活。
いつの間にか、辛くなっていることって、よくあります。
今回は、辛い、疲れたという時の対処法を考えてみます。

*書いてるひと
40代後半、ズボラ人間、ふゆこです。ずっと寝ていたい。
人間関係につねに悩み、40代になってからだいぶ自分の取り扱い方がわかってきたところ。20代で仕事に挫折し、30代で国家資格を取り、40代で結婚。
30代と40代で婚活を経験。サイトや結婚相談所(2社)経験。
図太く生きるのが目標。
音、肌感覚、神経がビミョーに繊細なHSPだと推測中。


婚活って、ワクワクもするんだけど疲れるんだよね
わかる。断られたときとか、もうしばらく凹む
良い人現れるのかとか
ポジティブに婚活できるといいなぁ


婚活疲れ・条件を見すぎて辛い

婚活は、相手の条件で判断するのは当たり前の事。
それが婚活なのです。
「条件だけみても……」と非難する人もいますが、「条件で結婚相手を探す」のが婚活。

  • 相手に臨む経済条件
  • 子どもは望むかどうか
  • 苗字はどちらを名乗るか
  • 婿養子でも可能か
いろんな条件があります。

しかし、条件で相手をシステマティックに、合理的に見つけていくのが『婚活』です。
せっかく婚活をしているのですから、婚活の良い点を使っていきましょう。

お金が条件の一位でもいい

世の中には「お金や経済力で結婚相手を決めるなんて」という人がいます。
そして、婚活している人は、そういう意見にひるんでしまいます。

どうしても経済面を重視してしまう人で、それを後ろめたく思って疲れてしまう人もいます。

でも、これから生きていくのに経済面を重視するのが、悪い事でしょうか?

「経済重視」の人は、堂々と活動していいと思います

そもそも、人が生きてきたバックボーンによりけりです。
お金に常に苦しんで生きてきた人が、経済面を重視するのは当たり前。

元カレの借金で苦しんできた人が、結婚相手に経済力を求めてしまうのも当たり前。

それを第三者が「経済力で結婚相手を決めるって不純」なんて、きれいごとを言っても困ります。

  • 経済力があって趣味が合う人
  • 経済力がなくて趣味が合う人

これはどちらを選びたいか一目瞭然です。

  • 経済力があって趣味が合わない人
  • 経済力がなくて趣味が合う人

こういう場合に悩みますよね。

この場合、自分の決断は必要になってきます。

経済力を重視して、自分の趣味は最低限におさえるか。
経済力はあきらめて、趣味を満喫できる生活を選ぶか。

ここの決断力は、どうしても必要です。

何が譲れなくて、何を譲れるか。

ここだけは、自分で決めるしかありません。
婚活の辛いところは、ここを決めるところにもあります。

ですが、経済力を条件のトップに持ってくることは、なにも悪い事ではありません。

とは言え、あまりにも求める経済力が高すぎるのは問題です。
マッチングミスが起きやすいので、一般的な経済力の範囲を知っておくのも大事です。

そして、経済力に関しては地域での格差もあります。
結婚相談所など担当者や相談相手がいる場合は、よく相談して考えましょう。


疲れた・辛いときの方法

婚活はなぜ辛い?疲れる?

婚活が疲れるのには、いくつか原因があります。

お金と時間


婚活は、まず時間とお金がかかります。

  • 結婚相談所にかかるお金、婚活サイトにかかるお金、婚活パーティーにかかるお金。
  • 相手をみつけて会うまでのやり取り。
  • 相手と会うときにかかる費用。

これを何人分も繰り返します。

お金はかかるし時間もかかる、そして会うときは初対面の人とコミュニケーションをとる疲れも加わります。

断られたときのダメージ

相手と会ったあと、お断りの連絡や音信不通になったときの辛さ。
これは経験してみると、かなりダメージが大きいです。

自分を全否定されたような気分にもなります。

会った後じゃなくても、

  • マッチングサイトだと「イイネ」が来なかったとき。
  • メッセージを送って返事が来なかったとき。
  • 「年齢が…」など自分ではどうしようもない理由で断られたとき
いろんなダメージが婚活には待ち受けています。

「自分はダメなんだ」
「もう結婚は難しいかもしれない」

いろんな思いがあふれてきて、辛くなったり疲れたりします。


辛い・疲れたときの方法

婚活が辛くなったり、疲れたりしたときの方法です。
  • 婚活方法を変えてみる(出会いの場が変わると相手の層もかわる)
  • アドバイザーがいるところを頼る
  • 焦らない
婚活方法を変えると、検索などでヒットする相手も変わります。
サイトやアプリも、種類を変えるだけで結果が違ってきます。
サイトやアプリで出会える相手と、婚活パーティーでである相手も違います。
今までとは違う場所で婚活をしてみましょう。

また、アドバイザーや担当者がいる所で婚活してみるのも一つの手です。
専門の人たちなので、頼りにできます。
心理的負担も減りますし、具体的なアドバイスももらえるので活動が楽になります。

そして、焦らないこと。
どうしても結果につながらないと、焦ったり落ち込んだりします。
でも、『いま出会えてる人』『これから出会える人』を思い、
良い出会いが訪れると信じて前向きに活動することです。
不思議と、焦らず前向きに、そして婚活を少しでも楽しんで活動していると、
出会いも舞い込んでくるものです。
相手の方と会ったときの表情や態度にも表れるので、焦らず・自分を追い込まず、やっていきましょう。

どうしても考えてしまう場合

それでも考え込んでしまう時は、こういったことを考えてみましょう。
婚活の目的をもう一度考えるのです。

  • 結婚をなぜしたいのか
  • 気が合う・趣味が合う相手を見つけたいのか
  • 支えあえる人を見つけたいのか
  • お金に困らず生きていけそうな相手を見つけたいのか
など、再度考えてみます。
もう一度、自分がどんな人と結婚したいのか、夫婦になりたいのかを考えます。
  • 希望の条件
  • 優先順位
  • 絶対はずしたくない条件
  • 譲れる条件
こういった条件も、婚活をやってきた今の状況での考えを整理してみるのも一手です。
婚活を始めたばかりの頃と今では、考えも変わっている可能性もあり、
条件の見直しも必要かもしれません。


焦らずいくことだね
そうそう、明るいイメージをしっかり持って
イメージするって、大事みたいだね
表情も明るくなるもんね

QooQ